アロエベラのの体に効く!体にいい!をあらためて検証する

アロエベラでダイエット、血糖値を下げる、アレルギー対策…驚くべき効果がたくさん

今、アロエベラが再び注目を集めているのには理由があります!

現代人は、最新の医療を受け、寿命が長くなっていますが、本当に健康で長生きしているでしょうか?生かされていることで寿命が延びているのならここは少し考えなければいけません。たくさんの健康食品がブームになり、一度ブームが来ると、お店の棚から一気に商品がなくなり、多くの人が一時期だけ人気の健康食品を手にししますが、本当に健康は手に入れることができたのでしょうか?

臨床研究の成果が次々と報告される

糖尿病、予備軍も含めてスゴイ勢いで増加しています。

血糖降下作用

糖尿病は、細胞にブドウ糖がうまく取り込まれないために、血液中にブドウ糖の量 が増えて血糖値が高くなる疾患です。

細胞にブドウ糖が取り込まれるためには、膵臓で分泌されるインスリンというホルモンの作用を必要とします。しかも、このインスリンは、細胞の表面にあるインスリンレセプターという受容器と合体することではじめて働くことができます。

糖尿病には通常、ふたつのタイプがあり、それは、インスリンの分泌量がきわめて少ない「インスリン依存型」と、インスリンの分泌量の低下もさることながら、インスリンレセプターの数が少なかったり、鈍かったりして十分に作用しない「非インスリン依存型」です。効果のあることが、アロエベラには、どちらのタイプに対しても血糖値を正常にする数々の臨床研究によって明らかにされています。

はじめて糖尿病にアロエベラが有効であることを報告したのは、1983年、韓国の梨花女子大学の薬学者、ヂ再順教授らの研究によるものでした。ヂ教授らは、ラットの膵臓のインスリンをつくる組織を薬品で破壊して、急性糖尿病を引き起こしたあと、アロエベラを経口投与しました。その結果、インスリンの分泌量が平均18% 増加し、血糖値が平均21% 低下したのです。

また、1986年には、サウジアラビアのガンナム教授らが、動物実験だけでなく、人間の糖尿病治療にもアロエベラが有効であることを実証しています。ガンナム教授らは、14週間にわたって、糖尿病患者5人に対して、アロエベラエキスを連続して投与しました。

その結果、空腹時における血糖値の低下と、ヘモグロビンA1C濃度(ヘモグロビンに糖が結合したグリコヘモグロビンの濃度)の低下が認められました。

つまり、アロエベラにはインスリンの分泌を促進する働きがあり、血糖値を正常値に下げる効果のあること、また糖がタンパク質と結合して糖化タンパク質(血管や細胞を傷つけ、糖尿病を進める) を生成するスピードを抑える働きがあることがわかったのです。

その後も、アロエベラの糖尿病に関する臨床研究の成果が次々と報告されています。糖尿病患者に対する臨床研究では、アロエベラのゲル質に、血糖値と中性脂肪値を大幅に低下させる効果のあること、また尿素窒素ヤアルカリフォスターゼ、クレアチン、尿酸値に変動をもたらさないことが判明しました。

糖尿病で本当に怖いのは、糖尿病性の腎症や網膜症、神経症などの合併症ですが、尿素窒素やアルカリフォスターゼ、クレアチン、尿酸値に変動がないということは、腎臓に問題のないことを示しています。また、糖尿病の合併症は、血管や腎臓、目、神経、血管などの細胞が活性酸素によって障害を受けることで発生することがわかってきました。血糖値が高くなると、糖化タンパク質を生成しますが、この糖化タンパク質が活性酸素を異常に発生させ、血管や腎臓、目、神経、血管などの細胞を破壊します。糖尿病から合併症が発生するしくみは、このようになつています。

これに対して、アロエベラには活性酸素を除去する作用があるので、合併症に村してもたいへん有効であると考えられます。

糖尿病の主な症状

腎臓の健全性を示す4つの成分

  1. 尿素窒素
  2. アルカリフォスターゼ
  3. クレアチン
  4. 尿酸値

血糖値とは

血液中に含まれるブドウ糖の圭で、血液100ml中に何mlあるるかで表す

アロエを食べたいけれど育てるのはちょっと…という人に

アロエの無添加の原液があります。生のアロエが手に入らない人におすすめ!

ページのトップへ戻る